サーマルアレイコーダ WR300

これまで大型構造物の振動測定には高感度センサを取り付けて測定する「接触式」の測定システムが主流でした。そこで鉄道総合技術研究所は新たにレーザによる「非接触式」のUドップラーを開発しました。
従来の接触式に加え、測定対象物や現場環境に合わせた非接触での測定が可能となることで、作業効率や安全性、測定範囲が大幅に広がります。
Uドップラー 特徴 Uドップラー 計測の対象・流れ Uドップラー ソフトウェア