ニュースリリース:「FC9000シリーズ」

グリットローリングカッティングプロッタ
「FC9000シリーズ」新登場!

更新日:2019/09/20NO:Vol.19-004

  • XY機構、ペンブロックの新規開発により、
    グリットローリングカッター史上クラス最高の品質を実現
  • 750mm幅、1,000mm幅、1,400mm幅、1,600mm幅の4機種をサイズラインナップ
  • 最新版「ARMS8.0」を搭載し、様々な手法によるプリント&カットに対応
  • バーコード読取りによるデータリンク機能
  • カラートンボ・特殊メディア読み取り対応
  • 連続カットで生産性向上を図る、自動用紙巻取りユニットをオプションにて対応

グラフテック株式会社(本社:神奈川県横浜市/代表取締役社長 荒川 康孝)は、2019年9月20日よりグリットローリング方式のカッティングプロッタ「FC9000シリーズ」4機種(FC9000-75、FC9000-100、FC9000-140、FC9000-160)を販売開始します。

弊社は、コンシューマ向けカッティングマシンsilhouette CAMEOから、業務用フラットベッド方式カッティングプロッタまで幅広いラインナップを揃え、世界中のお客様より高いご評価をいただき、お陰様でカッティングプロッタメーカーとして、高い知名度と共にトップシェア(当社調べ)を獲得しております。

今回発売するFC9000シリーズは、ご好評いただいている主力商品FC8600シリーズのフルモデルチェンジ機種として、様々な機能・性能を強化いたしました。グリットローリング方式カッティングプロッタでは、世界最高クラスのカット精度や生産性を実現したフラッグシップモデルです。

FC9000シリーズは、XY機構およびペンブロックを新設計し、メディアの搬送性とカット精度をアップしたことにより、様々な素材を従来機以上に安定してカットできるようになりました。
また、プリント&カットの用途において重要な自動トンボ読取りシステムを「ARMS8.0(*1)」へバージョンアップし、新機能のバーコード読み取り機能でデータ情報を自動的に取り込み、連続自動カットが可能となりました。さらに、カラートンボや特殊メディアトンボの読み取りなど多彩なトンボの読み取りも可能となり、高い生産性を発揮します。

今後、グラフテックはサイン・ディスプレイ、印刷市場等を始めとしたプロフェッショナル用途での生産性向上と、製造業、店舗、オフィス市場等におけるカッティングプロッタの更なる用途の拡大を図ってまいります。

(*1)
ARMSとはAdvanced Registration Mark Sensing System の略で、自動トンボ読み取りシステムです。カッティングマシン本体の性能に、ARMSのトンボ(位置あわせマーク)読み取り機能を合わせることで、プリント&カットの生産性を格段に向上します。

主な特長

1.新トンボ読取りセンサー「ARMS8.0」

従来機よりご好評いただいておりましたトンボ読取りセンサーをバージョンアップし、「ARMS8.0(Advanced Registration Mark Sensing System 8.0)」を搭載しました。ARMSの基本動作として、今回のFC9000より、「データリンク機能」「バーコード読取り機能」「カラートンボ・特殊メディア読取り対応」「XY軸セグメントエリア補正機能」「1点トンボ読取り機能」など、新たな機能を搭載し、更なる生産効率アップを図ることができるようになりました。

1-1.バーコード読取り・連続カット対応「データリンク機能」

専用バーコードをプリント&カットのメディアに印刷し、FC9000が読取り、接続されたPCかUSBメモリから自動的に検出された適合カットデータでのカットが可能となりました。適合するデータを自動的に検出するため、作業者がデータ送信する必要がなく、作業効率のアップを図ります。
同一データの複数枚カットや、異なるデータでの連続カットを行う場合、1枚毎に読取ったバーコードとデータの適合確認後カットを行うため、誤作業の防止に大きく寄与いたします。
また連続カットを行う際、オプション品「自動巻取り装置」にて出力物を巻き取った場合、ラミネート加工後のカットに発生する順巻き・逆巻きの両方の処理に対応しました。

1-2.カラートンボ・特殊メディア読取り対応

ARMSセンサーのアルゴリズム改良に伴い、カラートンボや特殊メディアの読取りに対応いたしました。
黒色以外のカラートンボを読取ることにより、単色メディアはもちろん、模様や柄のあるホログラムや高輝度反射フィルム等の特殊メディアへのトンボ読取りが可能になりました。
バラエティに富んだメディアを活用した成果物の提供ができます。

1-3.トンボ読取り補正機能

トンボ補正に関する新機能で、「1点トンボ補正」が対応になりました。連続する複数枚データの、第1トンボのみで読取りカットを行います。従来機FC8600にて4点トンボ読取りを行った場合と、FC9000による1点トンボ読取りを行った場合では、トータルカット時間において約20%の高速化を実現しました。
更に、4点トンボ補正と1点トンボ補正を組合せた連続カットも可能となり、1枚目は4点トンボ読取り補正による正確な基準を作り、2枚目以降は1点トンボ読取りで自動的にデータ補正をしカットするため、品質を保ちつつ時間短縮カットが可能となりました。
1点トンボから、エリア内XY方向多数にトンボ配置するマルチトンボ補正まで、用途に合わせたプリント&カットが行えます。

2.自動用紙巻取りユニット対応(オプション)

連続カットの生産性向上を図るため、高性能の巻取り装置をオプション対応としました(FC9000-140/160にて対応)。最大巻取りロール径はφ180mmで、超音波センサーにてメディアを感知し、自動的に巻取ります。無人稼動により、生産性の向上に貢献いたします。

3.USBメモリを使ってPCレス出力対応

プラグインソフトウェア「Cutting Master 4」 、グラフィックデザインソフトウェア「Graphtec Pro Studio / Plus」で作成した専用データをUSBメモリに保存し、カッティングプロッタにセット。プロッタのメニューからデータを選択し、カット出力できます。カット出力作業にPCや専用ソフトウェアを使用しない為、PC操作が苦手な方でも簡単にカット操作が可能です。

4.充実のソフトウェア

FC9000シリーズには、カッティングプロッタの機能を十分に発揮させるソフトウェアを標準付属しています。デザインソフトウェアとして多数のユーザーにて使用されているAdobe Illustrator・CorelDRAWには、プラグインソフトウェア「Cutting Master 4」を標準付属しています。普段使い慣れたデザインソフトウェアからカット位置を合わせる為のトンボを簡単につけることができ、高品質のプリント&カットが既存のデザイン環境で行えます。カット圧、カット速度、加速度など本体の設定がデザインソフトウェアからも変更可能なため、カッティングプロッタの機能を最大限にご活用いただけます。
また、カッティングデータを作成・編集できるグラフィックデザインソフトウェア「Graphtec Pro Studio」も標準付属します。作図、色塗り、線の編集といった充実したデザイン機能があり、デザインソフトウェアをお持ちでないお客様でも、購入したその日からすぐにカッティングプロッタをご利用いただけます。トンボ付けやカット条件の設定も簡単にできるので、「Graphtec Pro Studio」一本でデザインからカットまでこなすことができます。

5.使いやすさを追求した操作性、親切設計

操作パネルは3.7インチグラフィックLCD (240ドット×128ドット) を搭載し、日本語を含む10ヶ国語の表示対応により、分かりやすい親切設計となっています。
また、FC9000より搭載したバーコード読取り機能においては、独立したバーコード専用キーを設け、ワンタッチでスタート開始メニューに進み、バーコード読取りカットを開始できるシンプルな操作性を実現しました。

品名・型名・価格

品名 型名 仕様 価格
カッティングプロッタ FC9000-75 762mm (30inch) 幅 548,000円(税抜)
FC9000-100 1,067mm (42inch) 幅 798,000円(税抜)
FC9000-140 1,372mm (54inch) 幅 960,000円(税抜)
FC9000-160 1,626mm (64inch) 幅 オープン価格

主な仕様

項目 FC9000-75 FC9000-100 FC9000-140 FC9000-160
形状 グリットローリング方式
駆動方式 デジタルサーボ
最大カッティング範囲
【幅×長さ】 (*1)
762mm × 50m 1067mm × 50m 1372mm × 50m 1626mm × 50m
最小装着メディア幅 50mm
最大装着メディア幅 920mm (36.2 inch) 1224mm (48.1 inch) 1529mm (60.1 inch) 1850mm (72.8 inch)
最大カット速度 1485mm/s (45°方向)
最大加速度 39.2m/s2 (45°方向)
最大カット圧 5.88N (600gf)
最小文字角 英数字で5mm程度 (素材・書体等によって異なる)
メカニカルステップサイズ 0.005mm
プログラムステップサイズ GP-GL:0.1 / 0.05 / 0.025 / 0.01mm 
HP-GL™:0.025mm
反復精度 (*1) 0.1mm 以下/2m (メディアの伸縮は除く)
装着可能なツールの本数 1本
使用可能なペンの種類 油性ボールペン、水性ファイバーペン
インタフェース USB 2.0(Full Speed)、Ethernet 10BASE-T/100BASE-TX
バッファサイズ 2MB
コマンドの種類 GP-GL / HP-GL™ (操作パネル切替、コマンド自動切替)
自動トンボ読取り ARMS8.0
LCD表示 3.7"LCD + Key
定格電源 AC100-240V 50/60Hz (自動切替)
消費電力 120W以下
使用環境 10〜35℃、35〜75% R.H. (結露無きこと)
精度保証環境 16〜32℃、35〜70% R.H. (結露無きこと)
外形寸法 (約)【W×D×H】
※スタンド・バスケット含む
1360x1151x1232 mm 1665x1151x1232 mm 1970x1151x1232 mm 2224x1151x1232 mm
質量 (約)【重量】
※スタンド・バスケット含む
49 kg 56 kg 64 kg
(巻取りユニット装着時 80.9kg)
70 kg
(巻取りユニット装着時 88.5kg)
標準付属ソフトウェア Graphtec Pro Studio、Graphtec Studio for Mac、Cutting Master 4、Windows Driver
(*1)
当社指定のフィルムとカット条件によります。(長尺はバスケット使用)
この文書に記載のソフトウェア名・ハードウェア名等は、各社の商標または登録商標です。

発売時期・販売予定台数

2019年9月20日・年間5,000台

報道関係の方のお問い合わせ先 国内営業本部 販売推進課
TEL : (045) 825-6217
お客様からの資料請求 お問い合わせ先 コールセンター
TEL (ナビダイヤル) : 0570-016262 Mail : graphcs@graphtec.co.jp