ニュースリリース「DATA PLATFORM GL7000

  • Vol.12-001
  • 更新日:2012/3/2

製品情報 製品写真(270KB)製品カタログ(3,356KB)

計測ユニット拡張型データアクイジション

DATA PLATFORM GL7000」新登場!

  • 各種アンプユニットにより測定対象・チャネル数が拡張可能
  • 表示ユニットはタッチパネルで簡単操作、着脱可能
  • スタンドアロンとシステムアップの両方に対応

グラフテック株式会社は、発売以来ご好評を頂いておりますデータロガーの上位カテゴリに位置するデータアクイジションの新商品として「DATA PLATFORM GL7000」を開発し、2012年7月2日より発売開始いたします。本商品の投入により、デジタル収録器のラインアップを一段と充実させ、今後もお客様からのご要望にお応えして参ります。

現行商品の「midi LOGGER GLシリーズ」は、お陰様により多くのお客様からのご支持を頂き、発売開始以来、累計販売台数が既に50,000台を越えております。この間にご採用頂きましたGLシリーズのお客様からは、現行モデルに加えてチャネル数の拡張、各種計測用途に合わせられるマルチ入力アンプへの対応、さらには各種計測システムへの組み込み易さへの配慮などといった要望が数多く寄せられておりました。こうした要望の背景には、計測業務の効率をさらに上げたい、簡単な方法で高度な計測環境を実現したいなど、計測方法をより合理化することによって、トータルコスト削減に結び付けて行きたいといったニーズの高まりがあるようです。こうしたご要望にお応えするため、当社では1台の計測器に核となる基本機能を持たせながら、これに加えて様々な計測用途に応じて機能を拡張することのできるデータアクイジションの最上位機種を開発いたしました。

今回発売する「DATA PLATFORM GL7000」には、測定用途に応じた各種入力アンプを豊富に用意し、これら入力アンプ群は、さらに連結した形で拡張させる事を可能といたしました。また、チャネル数が増えた場合にも最高サンプリングを維持できるよう配慮されております。PCインタフェースとしては、USBやイーサネットを標準装備とし、パソコンを使用したシステム計測にも対応できるようにしております。また、オプションの表示ユニットを本体に装着すると、スタンドアロンでの計測が可能ですが、一方、表示ユニットと本体の間を延長ケーブル(LANケーブル流用)で結線した形での計測も可能となっております。また、表示ユニットはタッチパネル方式となっており、簡単操作を実現しております。

当社は、お客様の要望に応え、デジタル収録器の最上位機種「DATA PLATFORM GL7000」を投入することにより、1chの小型データロガーから多チャネルデータロガー、さらにレコーダを含め、計測器分野におけるデジタル収録器のラインアップを一段と充実いたします。

「DATA PLATFORM GL7000」の主な特長

1.各種アンプユニットにより測定対象・チャネル数が拡張可能

本体ユニットには最大10台の測定アンプユニットを連結させる事ができ、1台のGL7000で最大112chまで拡張可能となっております。測定アンプユニットには、電圧、電圧/温度、高速電圧、ロジック/パルス、高電圧※1、アナログ電圧出力※1、ひずみ※1、加速度※1、電力※1を用意し各種測定対象に対応いたします。また、測定アンプユニットを増やしても、サンプリング速度は維持可能※2となっております。データ収録先には、内蔵RAM(200万データ)、内蔵フラッシュメモリ(2GB)、SDカード(SDHC対応、最大約32GB)、さらにオプションのSSDユニット(64GB)が選択でき、測定対象や測定条件に応じたデータ収録先の選択が可能となっております。但し、1ファイルは、2GBまでです。

2.表示ユニットはタッチパネルで簡単操作、着脱可能

表示ユニット(オプション)は、5.7インチTFTカラー液晶ディスプレイ(VGA:640×480ドット)で、タッチパネル方式となっております。表示ユニットは本体ユニットに着脱可能となっており、表示ユニットと本体ユニットの間をLANケーブルでつなぎ、表示ユニットと本体ユニットを離した形で使用する事も可能です。タッチパネルの採用により、測定条件設定、波形のスクロール、拡大、縮小等、簡単に操作を行うことができます。また、従来から好評いただいております「midi LOGGER GLシリーズ」の操作性も継承しており、タッチパネルを使用せずにカーソルキーによる設定にも対応しております。

3.スタンドアロンとシステムアップの両方に対応

本体ユニットにはPCインタフェースとしてイーサネット(10BASE-T/100BASE-TX)やUSB2.0(ハイスピード対応)を標準装備しており、標準で付属するPCソフトウェアの「GL-Connection」を用いて本体制御、データ収録、コンバート、データ再生を行うことができます。また、GL-ConnectionはGL統合アプリケーションソフトウェアとなっており 現行モデルであるmidi LOGGERシリーズのGL220、GL820、GL900も接続可能となっております※3。GL-Connection を使用した場合、ハブを経由してGL7000を最大10台(最大1120ch)接続可能です。また、同期ケーブルを使用した場合においては、最大5台のGL7000を完全同期できるなど、多チャネル計測システムへの対応が標準付属ソフトで手軽に実現可能となっております。さらに、WEBサーバ/FTPサーバ、FTPクライアント、NTPクライアント機能があり、GL-Connection を利用しなくてもWebブラウザで遠隔操作やデータ転送等を行うことにより、PC計測へ応用できます。

本体ユニットや各種アンプユニットの背面には装置システム等への組み込み用に、ネジ穴が準備されており、容易にシステムへ組込み可能であり、また、表示ユニットを装置システム等へ組み込む事も可能です。これは、表示ユニットと本体ユニットをLANケーブルでつなぎ、表示ユニットと本体ユニットが離れた形で装置システム等への組み込みが実現できます。

また、表示ユニットを本体ユニットに取り付ける事により、スタンドアロンとしても使用できます。表示ユニットと本体を接続した場合でも、同時にPCとの接続も可能な為、現場のモニタには表示ユニットを用い、遠隔監視はPCでモニタリングといった使用方法で用いることも可能となっております。 GL7000はスタンドアロン、システムアップの両方に対応し、様々な測定シーンで使用できる、計測ユニット拡張型のデータアクイジションとなっております。

※1:2012年秋以降順次発売予定
※2:データ収録先により制限あり
※3:2012年12月バージョンアップ予定

型名・価格

[本体ユニット]
品名 型名 価格(税込) 備考
GL7000本体 GL7000 130,000円 (136,500円)

[アンプユニット]

品名 型名 価格(税込) 備考
電圧ユニット GL7-V 150,000円 (157,500円) 10ch/ユニット
電圧/温度ユニット GL7-M 100,000円 (105,000円) 10ch/ユニット
高速電圧ユニット GL7-HSV 150,000円 (157,500円) 4ch/ユニット
ロジック/パルスユニット GL7-L/P 100,000円 (105,000円) 16ch/ユニット
高電圧ユニット GL7-HV 2012年秋以降順次発売予定
アナログ電圧出力ユニット GL7-DCO
ひずみユニット GL7-DCB
加速度ユニット GL7-CHA
電力ユニット GL7-PWR

[表示ユニット]

品名 型名 価格(税込) 備考
表示ユニット GL7-DISP 90,000円 (94,500円) 5.7インチTFTカラー液晶

[SSDユニット]

品名 型名 価格(税込) 備考
SSDユニット GL7-SSD 150,000円 (157,500円) 64GB(1ファイル2GBまで)

[GL7000本体同期ケーブル]

品名 型名 価格(税込) 備考
GL7000本体同期ケーブル B-559 5,000円 (5,250円)

■主な仕様

[本体ユニット]

項目 内容
アンプユニット装着数 最大10ユニット
※表示ユニット、SSDユニットは10ユニットには含まず
外部入出力 入力:スタート/ストップ、外部トリガ、外部サンプル、オートバランス各1ch
出力:トリガ、ビジィ 各1ch
アラーム出力 10ch
PCインタフェース イーサネット(10BASE-T/100BASE-TX)・USB2.0(ハイスピード対応)
内部記憶装置 内蔵フラッシュメモリ 2GB
※各アンプユニットに200万データ分の内蔵RAMメモリを標準装備
外部記憶装置 SDカード(SDHC対応、最大約32GB)スロット標準装備(1ファイルは、2GBまで)
計測ユニット間同期 スタートおよびトリガ同期機能(PC接続時)
自動保存機能 収録先が内蔵RAMの場合のみ有効な機能
ON:内蔵RAMのデータをSSD※1、内蔵フラッシュまたはSDカードへ自動保存
OFF:内蔵RAMの一時保存のみ(電源OFFでデータは消去)
※1 SSDはオプションです。
その他機能 リング収録機能、データバックアップ機能、トリガ・アラーム機能、EU(スケーリング機能)、CH間演算、統計演算、カーソル移動機能、アノテーション入力機能、メッセージ/マーカー機能、レジューム機能
使用環境 0〜45℃、5〜85%RH

[アンプユニット]

項目 内容
電圧ユニット ・入力ch数:10ch/1ユニット
・最高サンプリング:1KS/s  (1ms)
・入力レンジ:100mV〜100V F.S.、1-5V F.S.
電圧/温度ユニット ・入力ch数:10ch/1ユニット
・最高サンプリング:100S/s/10ch (10ms/10ch)
・入力レンジ:熱電対、測温抵抗体、20mV〜50V F.S.、1-5V F.S.
高速電圧ユニット ・入力ch数:4ch/1ユニット
・最高サンプリング:1MS/s  (1μs)
・入力レンジ:100mV〜100V F.S.、1-5V F.S.
ロジック/パルスユニット ・入力ch数:16ch/1ユニット
・最高サンプリング:ロジック時1MS/s (1μs):パルス時10KS/s (100μs)
・入力レンジ:ユニット毎にロジック/パルスを切り替え
(パルス時:回転・積算・瞬時モード)
高電圧ユニット 2012年秋以降順次発売予定
アナログ電圧出力ユニット
ひずみユニット
加速度ユニット
電力ユニット
[表示ユニット]
項目 内容
表示器 5.7インチTFTカラー液晶ディスプレイ(VGA:640×480ドット)
タッチパネル 静電容量方式
接続ケーブル LANストレートケーブル(CAT5以上)
※傾斜台使用時のLANストレートケーブルは付属。
付属品 傾斜台、傾斜台使用時のLANストレートケーブル
[SSDユニット]
項目 内容
SSD 64GB、 2.5インチSSD (SATA I/F)
耐振性 自動車部品第一種A種相当

■発売時期・販売予定台数
2012年7月2日 ・ 年間販売 1,000台

報道関係の方の
お問い合わせ先
商品企画部 計測企画課
TEL(045)825-6260
お客様からの資料請求
お問い合わせ先
カスタマーセンター
TEL:0570-016262 (ナビダイヤル)
Mail:graphcs@graphtec.co.jp
グラフテック株式会社 本社/〒244-8503 横浜市戸塚区品濃町 503-10