無線LAN計測システム GMS-WL01

お知らせ 無線LAN計測システム GMS-WL02モデルチェンジのご案内



記録計とPCを無線LAN接続、IEEE802.11nで安心通信

イーサネットインタフェースを搭載したGL840、GL820、GL900、MT100、GL7000とパソコンの間を無線で通信することが可能です。GL840やGL240においては、GL無線LANユニット(B-568)を装着させると、FXA2000 をアクセスポイント(親機)として活用する事が可能です。またGL100-WLにおいても同様にFXA2000 1台をアクセスポイント(親機)として無線LAN接続が可能です。本商品はアクセスポイント(親機)としてだけではなくステーション(子機)、リピータ(中継器)としても設定可能です。
計測用ソフトウェアは計測器に標準付属されているアプリケーションソフトウェアをそのまま使用して計測する事ができます。通信規格として、通信距離が長く、障害物に強いIEEE802.11nに対応。2.4GHzと5GHzの帯域の切替に対応しており、5GHzを使用することにより、電子レンジやBluetoothなどの干渉を受けにくくすることができます。
※5GHz帯域の屋外での使用は禁止されています。
※工場出荷時は2.4GHz帯域に設定されています。


※無線LANユニット (B-568)使用時は2.4GHzでご使用ください。

アクセスポイント (親機) 1台に最大10台接続可能

FXA2000(親機)とFXA2000(子機)を使用することにより、最大10台までのデータロガーを接続することが可能です。これにより、1台のパソコンで10カ所のデータが監視可能です。
※ソフトウェアにより対応可能機種が異なります。

計測器 機種別接続一覧

詳細な接続方法については「接続構成例」を参照ください。

機種 PC用
アプリケーションソフト
FXA2000接続数
親機(AP) / 子機(ST)
計測器接続数
親機(AP)1台に対して
GL840 GL100_240_840-APS 1台/10台 10台
GL100_240_840-APS 1台/ ―
GL無線LANユニット(B-568)を装着したGL840が子機(ST)
10台
GL無線LANユニット(B-568)を装着したGL840
GL240 GL100_240_840-APS 1台/ ―
GL無線LANユニット(B-568)を装着したGL240が子機(ST)
10台
GL無線LANユニット(B-568)を装着したGL240
GL100−WL GL100-APS 1台/ ―
GL100-WL が子機(ST)
10台
GL100_240_840-APS
GL820 GL220_820-APS 1台/10台 10台
GL-Connection
GL900 GL900-APS 1台/1台 1台
GL-Connection 1台/10台 10台
GL7000 GL-Connection 1台/10台 10台
MT100 MT100-APS 1台/10台 10台