ファインメタルディテクター
シュートメタルディテクター
パイプメタルディテクター
フォールメタルディテクター
フィルムメタルディテクター

小袋にわかれているスナック菓子等、包装食品用金属検出機。

包装食品でも小さなものを
対象とした安価な金属検査機。

ジュース、ソースなどの液体、粉末状製品の金属検出に最適。

樹脂ペレット、大豆、小豆、米などの穀類の金属異物検査機。

シート / フィルム等の薄物、幅広、高速で微細な金属異物を検出します。
Φ0.5mmの金属 Φ0.3〜0.8mmの金属 最小Φ75μmの金属

確かな技術により「高精度・高速・低誤検出」を実現

検出原理
超高感度な磁気センサにより、金属異物が放つ磁力線を磁気センサが捉えて、電気信号に変換し、異物判定をおこないます。

他の方式との違い

アドバンスフードテックの金属異物検出装置で採用しているFGセンサー方式はサーチコイル式が抱えていた問題点をクリア。
FeやSUSも、きわめて正確に検出することができ、ベルトコンベアの位置に関わらず均一な検査が可能です。
また、包装されたものだけでなく、固体・液体・粉末等製品の形状を問わない検査を可能にしています。


方式 アドバンス
フードテック社
搭載技術
精度 スピード 価格 備考
磁気センサー方式 製品中の異物から外部に放出された磁力線を高め 超高感度センサで検出。製品への影響はなく、誤検出もなし。
ボトル型検査機 磁気センサー式検査機の進化型。
アルミ、ガラス、磁気、樹脂製容器の外部から内部製品の状態に関わらず金属異物が検出可能。
サーチコイル式 - × 塩分・気泡・温度・凍結等の影響大。
X線検査機 - 金属以外の異物も検出するため、容器内壁や内部小袋等が悪影響。
厚手のアルミ包装・フィルム重なり等課題。

 

導入前のきめ細やかなお打合せ

綿密な現場調査ときめ細やかなお打ち合わせで、お客様のお取り扱い製品や製造環境に最適な機器導入をご提案しています。ご発注後は、どのような場所で、どのような目的で金属検出を行うのか、じっくりとお打ち合わせをいたします。
金属検出機は繊細な機械ですので、設置場所の周囲の環境に大きく影響を受けます。エアコンの他、さまざまな機器が出すノイズによって、検査結果が左右されてしまうことがあるのです。当社開発の金属検出機は、ノイズの影響を受けにくいよう、センサー部を磁気シールドボックス内に収納し環境ノイズを防御していますが、念には念を入れ、お客様がご利用になる環境をしっかり把握したうえで最善のご提案をいたします。 お気軽にお問合せください。