小型温度試験装置 マガジン昇降型

概要


  • 実装基板のセル生産現場で、特定温度環境下での全数検査を短時間・省スペースで可能にしたマガジン昇降型温度試験装置です。
  • 小型化により、ライン組替え/変更への設置・移動が簡単。
  • 各槽(高温、低温)を組合わせる事で、インライン対応が可能。
  • 試験機構を標準装備。

特長

マガジン方式による省スペース化

マガジン方式とは、槽内に可動式マガジンを設け、検査対象基板をマガジンに挿入し、特定の温度環境下で温度評価を行うシステムです。

使用可能なワーク

最大A4サイズの実装基板まで対応が可能です。
<主な用途例>

自動車用制御基板 メータ用制御基板
・ABS
・EPS
・ECU
・電力
・ガス
・水道

各槽(低温・高温)の組合わせが自由自在

【セル生産現場で使用可能】

小型・省スペースの為、作業場に設置ができ特定温度環境下での温度試験が可能です。

【ラインでも使用可能】

ローダ・アンローダを組み合わせることで、ラインでの使用も可能。

オプションによる拡張性

  • ファンクションテストによる機能試験が可能。
  • 画像処理システムを装着することによりワーク位置決め、パターン認識が可能。

仕様概要

項目 低温槽 高温槽
温度範囲 常温~-20℃(オプション-40℃) 常温~150℃
温度分布 ±3℃
ワーク試験 ピンボード方式のよる圧接方式
塗装色 標準色:ベージュ(指定色への対応可能)
電源 三相200V
装置外形寸法 1250(W)×1400(D)×1800(H)mm

※記載事項(仕様・価格等)は、お断りなく変更することがあります。