GL100用ファームウェア Ver.1.43

基本情報

本ソフトウェアをダウンロードされる前に、使用許諾契約を必ずお読み下さい。
お客様が本ソフトウェアをダウンロードされることにより、お客様には使用許諾契約の諸条件に同意いただいたものとみなさせていただきます。同意いただけない場合には、本ソフトウェアをダウンロードまたは使用することはできませんのでご注意ください。

項目 内容
名称 GL100用ファームウェア
バージョン Ver.1.43
ダウンロードファイル名 GL100_Main_V143.zip
データサイズ 423KB
更新日 2020/06/12

動作環境

項目 内容
対応機種 GL100

ダウンロード

必ず下記の「ソフトウェアに関する使用許諾契約書」をお読みになり、同意の上ダウンロードください。


項目 内容 ダウンロード
本体 GL100_Main_V143.zip(423KB) ダウンロード
バージョンアップ方法 firm(Main)_gl100_upm_vol3.pdf (2,111KB) ダウンロード

更新履歴

Ver.1.43

  1. GL100-WLの無線LAN設定がステーションモードで、無線LAN接続先の親機(アクセスポイント)と長時間接続できない状況が続くと、稀に無線LANが通信不能になる問題を修正しました。

Ver.1.42

  1. 時計表示の精度を改善しました。
  2. メール送信が正しく動作しない場合がある問題を修正しました。
  3. モバイルアプリGL-Connect接続時の収録先残容量表示が正しくない問題を修正しました。

Ver.1.41

  1. アラーム機能にて、範囲内(W_IN)と範囲外(W_OUT)の設定を追加しました。

Ver.1.40

  1. 遠隔監視システム GRM-ONE Series への接続に対応しました。

Ver.1.30

  1. GL100とGL840を無線接続した際に、稀にGL100を正しく認識できない問題を修正し、より安定して接続を復旧できるように改善を行った。
  2. 無線LANモードの設定切り替えにより、無線LANモジュールの電源状態が不安定になる場合がある問題を修正。

Ver.1.29

  1. テストメール送信の本文を英語表記にも対応。
  2. テストメール受信画面の英語スペル誤記を修正。

Ver.1.28

  1. ACセンサ(GS-DPA-AC)接続時の電圧設定範囲を、90〜264Vから90〜600Vに変更。
  2. GL240/GL840と無線接続して使用する場合、GL240/GL840のアラーム表示と、GL100のLCD画面に表示されるアラーム表示が連動するように修正。

Ver.1.27

  1. 無線LANステーションモードにて、USB電源駆動時の通信速度の安定化改善を実施。
  2. 無線LANをステーションモードからアクセスポイントモードに変更した際に、通信設定が不確定になる問題を修正。
  3. インターフェイスからのデータ転送で、大容量を転送すると転送量が指定点数に満たない問題を修正。
  4. メール受信パスワードの設定が、送信パスワードで上書きされてしまう問題を修正。
  5. インターフェイスから、メール送信セキュリティの一部が正しく設定出来ない問題を修正。

Ver.1.26

  1. GL100-WLにて、無線LAN接続が途切れてしまった場合の接続回復処理を強化。
  2. GL100-WLにて、無線の設定が正しくない状態(画面に[LAN]マークが表示しない)で収録を行うと、500msサンプリング間隔時に、本体収録データとインターフェイスから取得したデータに、稀に乱れが生じる問題を修正。

Ver.1.25

  1. SDカードによっては、SDカードエラーが発生することのある不具合を修正。
  2. 稀にSDカードの残量表示が少なく表示される不具合を修正。

Ver.1.24

  1. SDカードにデータを収録中に、何らかの原因によりSDカードエラーが発生した場合、リカバリ動作を行い、新たにファイルを切り替えて収録を継続するように変更。
    ※リカバリ中のデータは収録できません。
    ※リカバリが失敗した場合は、収録が停止します。

Ver.1.23

  1. 一部のSDカードにて正しく認識できない問題を修正。

Ver.1.22

  1. 照度紫外線センサー(GS-LXUV)を使用時に、照度の測定値が光源環境によって 誤差を生じていたが、光源選択機能を追加することにより、測定誤差を小さくする様に修正。
    ※本機能が使用できる照度紫外線センサー(GS-LXUV)は、再調整されている必要があります。再調整されている照度紫外線センサー(GS-LXUV)には、シリアル番号横に青●シールが貼られています。

Ver.1.21

  1. 温湿度センサ(GS-TH)を使用時に、温度の測定値が80℃を超えると、湿度の収録データが実際とは異なる値になる問題を修正。

Ver.1.20

  1. GL240 / GL840との無線LAN接続に対応。
    ※本器をGL240またはGL840の無線LAN子機として使用後、本器単体でご使用する場合は、本器の電源を再投入してください。
  2. 無線LAN接続時のリトライ回数を最大値に変更。(USB電源駆動時のみ)
  3. keep alive(無通信切断機能)の初期値をOFF→10sに変更。
    ※GL100を無線LAN子機(ステーションモード)で使用した際に、無線LAN親機との通信が途切れる場合には、keep alive(無通信切断機能)を有効にしていただくことで改善致します。
    ※設定方法は下記の2通りになります。
    @バージョンアップ後、GL100メニューの「OTHER-1」から「セッテイ ショキカ」を実行すると、
    10秒になります。この方法を実施するとGL100内部の設定条件が初期化されますのでご注意ください。
    AGL100-Network_Configより設定する方法。詳細はバージョンアップ方法の「7.無通信切断機能の設定」をご確認ください。

Ver.1.12

  1. GL100-APS 電力モード対応。

Ver.1.11

  1. PCソフトウェアGL100-APS(Ver.1.10)の標準モード、かんたんモード、農業モード、物流モードに対応。
  2. 本体に電源(USB又は電池)が供給されていない状態で、時計のバックアップ電源が低下した時にキーを押すと、稀に電源が起動できなくなる不具合を修正。

Ver.1.10

  1. GL-Connect(スマートデバイス用アプリケーション・ソフトウェア)V1.10(農業モード機能)に対応。
    ※GL-Connect V1.10を使用する場合は、必ず本体ファームを 本バージョン(V1.10)以上にアップデートしてください。
  2. 4VTセンサにてCH4をOffにすると、設定している電圧レンジによっては、測定精度が若干悪くなってしまう不具合を修正。
  3. GL100電源投入後、LAN接続せずに放置すると、GL100-APSでLAN接続が繋がりづらい事がある不具合を修正。

Ver.1.02

  1. 本体に収録した積算照度・積算電力データを、GL100-APS又はGL-Connectで再生すると、積算値に大きく誤差が発生していた不具合を修正。
  2. GL100-APSで接続した状態で収録を行うと、積算値(積算温度、積算紫外線、積算照度、積算電力)が過剰に積算される不具合を修正。

Ver.1.01

  1. 「シュウロクホウシキ : 1Hour 又は 24Hour」で連続して収録をおこなった場合に、収録月最終日の日付がなく、翌月1日の日付になってしまう不具合を修正。

Ver.1.00

  1. 初版