特長

位置情報可視化アプリケーション「Live Location Viewer」

「Live Location Viewer」は、各基地局からクラウドサーバー (Jbox) に送信された位置情報を取得し、レイアウト図やタイムラインなどと統合して、人や物の動きを可視化するアプリケーションソフトウェアです。クラウドサーバー型アプリケーションソフトウェアなので、アクセス権限を持っている方なら、いつでもどこからでも利用できます。
また、シンプルな画面構成なので直感的な操作でお使いいただけます。

シンプルな画面構成
シンプルな画面構成

マルチデバイス対応
マルチデバイス対応

Live Location Viewer の画面表示例

屋内マップ表示
マップ表示(屋外マップ表示)

屋外マップ表示
マップ表示(屋内マップ表示)



ワークレコーダー:ユーザーモード
ワークレコーダー:ユーザーモード

ワークレコーダー:場所モード
ワークレコーダー:場所モード

機器設置方法:ビーコンや基地局を配置するだけ、大規模な工事は不要。

位置情報を取得したいポイントにビーコンを配置し、LoRaWAN基地局を設置するだけ。大規模な工事は不要です。

機器設置方法概要図

屋内&屋外のシームレス表示

人や物のリアルタイムな位置情報を、屋内・屋外問わずシームレスに切り替えて確認していただけます。
※ 屋外ではBLE (Bluetooth Low Energy) 信号の代わりに、GPS信号を受信します (LoRaWAN基地局との通信が可能な範囲の場合)。

屋内&屋外のシームレス表示概要図

高精度なビーコン測位

Jcardは、受信したBLE信号の強さによってビーコンとの距離を測ることができるため、位置測位エリアに対象が入ったことを高精度に検知できます。
※ ワークレコーダー機能時のみ 高精度なビーコン測位概要図

用途事例:様々なシチュエーションで課題解決に役立つ位置測位システム

事例1:従業員や物の動線を把握し、作業の効率化を図る。

製造現場や物流施設などにおいて、位置情報から従業員や物の動線を把握。移動パターンを見直すことで、作業の効率化を図れます。また、対象の所在が即座に特定でき、探索時間を削減できます。

用途事例1、従来の動線表示とLive Location Viewerでのタイムライン表示の比較。

事例2:設備のメンテナンス頻度を把握し、生産性の向上を図る。

製造現場などにおいて、位置情報から設備のメンテナンスに関わった人数や頻度・対応時間を把握。設備更新を含め、設備の稼働状況を最適化することで、生産性の向上を図れます。

用途事例2、設備1のメンテナンスに2人がかりで2時間以上かかっており、更に累計のメンテナンス時間もかかっている=設備更新を視野に入れた最適化検討の時期だとわかる。

事例3:移動や滞在時間を記録して、トレーサビリティを確保する。

測位範囲内において、位置情報から人や物の移動と滞在時間をシームレスに把握。来客や従業員の接触状況、物の持ち出し履歴などが自動で記録されるため、いざという時のトレーサビリティを確保できます。

用途事例3、同席者や移動経路をリアルタイムで確認でき、来客や従業員の接触状況を時系列で把握できる。

事例4:来客や従業員の所在を把握し、安全性を確保する。

位置情報からリアルタイムに人の所在を把握。緊急時には、来客や従業員の避難状況を即座に確認できます。また、危険区域にはジオフェンスを活用した危機管理システムとしてもご活用いただけます。

用途事例4、マップ表示で避難できていない人の居場所を即座に特定できる。また、関係者以外立ち入り禁止区域の出入管理も可能。