特長

Ai-Gliesでデマンドコントロールすれば
最大デマンドを抑えることで基本料金を削減、出力を制御する事で使用量料金を削減

デマンドコントロールで費用削減

基本料金を削減!

契約電力が高圧の場合、基本料金は1年の内、最も電力を使用したわずか30分間の需要電力で決まってしまいます!
デマンドとは

例)下記の場合、8月の連休明けの1日の10:00〜10:30に計測した最大デマンド値が1年間の基本料金となります。
1年間の料金

Ai-Gliesを導入すると ▼

ピークをカットし、使用電力量を平滑化することで基本料金を削減します。
ピークカット

使用量料金を削減しつつ、快適な室内環境を実現!

季節・気候(外気温度・湿度による不快指数)に合わせ1年中空調設備の出力調整をキメ細かく行い、快適な室内環境を実現するとともに、使用量料金を削減します。

季節ごとに自動で設定変更(制御例)

  • 外気がすごく寒い時とすごく暑い時は制御を弱めて冷暖房をしっかりと動かします。
  • 春・秋や夏の早朝、冬の昼過ぎ等の気候が良い時は、制御を強めて節電を強めます。
  • 夏は室温が上がりやすい上層階の制御を弱め、冬は室温が下がりやすい下層階の制御を弱めます。

自動制御でキメ細かい制御を実現

外気の不快指数の変化を監視し、室温が変化する前に下記の8段階の中から最適な条件を判断し、エアコンの節電レベルを自動判別しコントロールします。そのため、使用量料金を削減しつつ、制御時の暑すぎる・寒すぎるなどが無い快適な室内環境を実現します。
不快指数

冷暖房と、約3分間の送風を交互に行うことにより、電気使用量が削減され使用量料金の節約につながります。
各空調機メーカーが用意している容量制限機能も併用します。

クラウドで節電状況を集中管理、故障検知も可能

デマンドコントロールの状態は、専用クラウドサーバで管理され、ブラウザソフトで監視が可能です。
監視することにより、省エネ意識を共有できます。

Ai-Glies監視画面について

デマンド値、予測デマンド値、外気温から算出された不快指数が表示されます。
また、Ai-Gliesで制御した場合としなかった場合を比較したCO2削減量、削減電気量が閲覧可能です。

クラウド画面は開発中の画面となり、実際と異なる場合があります。

デマンド目標に対する進捗状況監視

クラウド画面1

節電状況も一目で確認可能

クラウド画面2

デマンド推移や実績監視

クラウド画面3

機器間は無線で接続、工事費用を削減・短納期施行 特許出願中

機器間はLoRa無線を使用し、情報取集や制御を実施していますので、機器間の通信線の配線や工事を大幅に削減できます。
また、屋外に設置する機器はソーラーボックスを搭載しているので、電源供給が不要となります。
無線とソーラーボックスの採用により、工事費用の削減や工事期間の短納期を実現しています。

システム構成イメージ

システム構成イメージ

導入事例

Ai-Glies導入前

矢印オフィスビル
(地上5階地下1階/床面積:1万平米)
■空調室外機 :50台
■契約電力  :480kW
■契約先   :東京電力

Ai-Glies導入後

年間削減金額 (例)
2,360,000円
(196,600円/月×12ヵ月)

■契約電力  :370kWへ低減
■使用量   :年間29,800kWh削減 (CO2 13.5tに相当※)

調整後排出係数0.000455t CO2/kWhで算出